筑波大学附属小学校お受験体験記②一次選考(抽選) - ほっぺ♪ぷくぷく
FC2ブログ

 筑波大学附属小学校お受験体験記②一次選考(抽選)

2016-06-14

いよいよラストが見えてきたお受験シリーズ
筑波大学附属小学校の続きです。

第1次選考(抽選)
毎年志願者の50%前後を受験資格者として選出します。
ここで抽選漏れしてしまったら、どんなに優秀な子でも受験資格がありません
無情なもんです
2016年度受験は男子45%、女子53%の通過率でした。

運命の11月13日(金)
女子は午前中、男子は午後に抽選があります。
抽選会場に入れるのは志願者1名に対して1名の保護者のみ
Bグループ女子は9:30~9:50が受付でしたので、りょうを9時から一時保育に預けて行って来ました
到着したのは受け付け開始直前でしたので、しばらく並んで待機しました。
その際、明らかに外ですが混雑緩和の為待ってる間にスリッパに履き替えてくださいという案内がありました

方法はこちらもガラガラポン。
受験票にふられた番号の1番最初と最後の人が立会人として壇上に上がります。
1から100までの玉をよくシャッフルして抽選機に入れます。
で、通過率と同じ53回ひたすらガラガラポンします
ガラガラガラ・・・チンと玉が出るたびに小さな呼び鈴のような音が鳴るのですが、講堂には600人近い人がいるというのに、シーンと静まり返り、このチンという小さな音も響き渡ります
玉が出るたび、数人の立会人が番号確認し最後の人が読み上げます
例えば82番が出たとすると、82・182・282・382・482・582の人が当選という仕組みです
静かすぎる緊張感がものすごい
ほーちゃんの番号はなかなか出ず、残りの抽選回数が10回となった時、もう駄目だなと半ば諦めモードになった時、ころりとほーちゃんの番号が出てきました
さすがに心の中でガッツポーズ

最後まで抽選が終わると、外れた方々が静々と講堂から出て行きます。
当選者は残って体育館に案内され受験要綱の配布があったり、新たに受験番号を振られ受験票の番号を書き換えられたりしました。
とはいえ帰路につく際には、かなりの難易度の試験なので当選して良かったのか悪かったのか微妙な心境というのが正直な感想でした

ぽちっとお願いします(*^_^*)励みになります。
関連記事
スポンサーサイト



theme : 育児日記
genre : 育児

Trackback

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふにこ♪

Author:ふにこ♪
ほーちゃん・りょうのママ、ふにこです。

ふにたん:パパ
ふにこ:ママ 幼稚園父母の会会長職は終了しましたが、今年は小学校のPTA役員です
ほーちゃん:2009年11月生まれの小学5年生
りょう:2013年12月生まれの恐れ知らずで元気が取り柄の小学1年生
の4人で、ふにたんの東京転勤に伴い大阪市からお引っ越しし、ゆる~く東京23区内で暮らしてます。

ふにたんにはへんてこりんなママだと言われますが、
自分では意外としっかりしていると思ってます(^O^)

カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
73位
アクセスランキングを見る>>
ご訪問ありがとうございます♪
現在の閲覧者
    
ほーちゃんとりょうはいくつになったの?
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる